ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  黄昏流星群 >  黄昏流星群 第1話《あらすじ、感想》

黄昏流星群 第1話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

黄昏流星群 ~人生折り返し、恋をした~

<第1話 あらすじ>
完治(佐々木蔵之介)は、若葉銀行新宿支店の支店長にまで上り詰め、本店幹部の椅子も目前。妻・真璃子(中山美穂)との会話は減り、年頃の娘・美咲(石川恋)とも距離ができているが、家庭生活もそれなりに平穏だ。そんな完治に突然、取引先への出向命令が下る。ぼうぜん自失の完治は、家族には出張と偽り、スイスへと一人旅。そこで、旅行中の栞(黒木瞳)と出会う。一方、真璃子は美咲から、恋人・春輝(藤井流星)の存在を聞かされ…。


741:
雪がCGだな

765:
はい家庭崩壊来た

769:
突っ込みどころ満載のとんでもないドラマが始まったなwww

771:
中途半端ね。どうせなら娘が傷つきまくるほど崩壊してほしいね。

797:
>>771
行くんじゃない

777:
中山美穂のオバサン化が見てられない
あのアイドルだった人が・・・
時は残酷だな

778:
恋のときめきって不思議なもんで糞下らない仕事なんかでもそれがあれば楽しくなるもんだよ。
気が進まなかった出向もルンルンだろう

781:
蔵之介は黒木がいるから内示OKしたぽいな
黒木も強制わいせつされたんだから逃げろよw

810:
中山美穂だけミスキャストwww

石田ゆり子あたりにやって貰いたかったわ

816:
海外ロケする必要あるの。いや、全部CGなんか。

817:
キスシーン下手だった
年配の不倫とかいやだ次は見ないな

818:
気持ち悪かったよな

820:
黒木瞳の生々しい地味さは完璧やな。
ミポリンはコメディやってくれ。

821:
佐々木蔵之介が黒木瞳を探しに山に登ったとき、一人だけ薄着でワロタ

周りの登山客はみんなニット帽にダウンだったw

826:
なんで本妻より10歳もBBAの還暦間近の方に乗り換えるかね?意味不明。
黒木瞳は確か1960年生で、佐々木蔵之介は1969年生で、中山美穂は1970年生だったかな。
で、中山美穂は娘のフィアンセ候補の若いジャニタレと不倫するのかな。娘との泥沼化を見てみたい。

827:
なんかびっくりするくらい古いね
バブル世代がターゲットだから?

829:
スイスでの出会いが薄過ぎる。
鬼怒川か熱海でも十分やろ。

830:
確かに爆笑レベルの合成ぶっ込むくらいなら国内の山で十分なのに何故スイス?w

831:
黒木瞳より本仮屋ユイカの方がいいだろー

834:
今日中川家礼二にセリフあった?
次週からあの倉庫で働くなら礼二にいびられる役か
今日出てたヤツ全員声が汚い。
礼二はなんか上手い気がする。
増田はもういいから

835:
>>834
あのシーン変やったな。自分の会社の敷地内に来ていた客らしき人(蔵之介)に向かって、全員がガン飛ばしながら挨拶もせずに目の前をワーワー話しながら通り過ぎるって、そんなこと絶対あり得へんわ。普通は会釈して通り過ぎるわ。
脚本家か演出家が無知なんやろな。

836:
      
なんか今日見た感じだと
原作を改悪する雰囲気がプンプン漂っていたな
      

839:
このドラマどこに向けて作ってるのか分からない
バブルおばさんは喜ぶの?

842:
>>839
内容が糞すぎてさすがに喜ばねーだろ

バブル世代の喜ぶのはジジイじゃねーの?w


【黄昏流星群】の記事一覧

★pickup★

★最新記事★



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: