ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~ >  チート 第1話《あらすじ、感想》

チート 第1話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~

<第1話 あらすじ>
警察官の加茂(金子大地)は、詐欺師をだまし返すスペシャリスト集団‘チート’に加わる。チームの頭脳である沙希(本田翼)はだまされやすい加茂を失格扱い。創設者で警視庁捜査二課の刑事・安斎(風間俊介)の指示で詐欺被害者・杏奈(豊泉志織)の話を聞いた沙希は、詐欺グループのトップ・波岡(高橋努)への策を講じる一方で、周囲に秘密にするアイドル活動に励むが…。


【公式サイト】 【Wikipedia】 【Twitter】

[新]チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~
#1サギ師を騙し返す謎の組織誕生
10/4 (金) 0:09 ~ 1:04 (55分)
日テレ(Ch.4)

視聴率【--.-%】

ツイート
#チート



126: ドラマ好き
チートじゃなくてチープwww



127: ドラマ好き
駄目そうだな
まいん目当てで見るのもキツイわ



129: ドラマ好き
酷すぎる
探偵が早すぎるとのクォリティの差は演者の差なのだろうか
コメディは上手い人がやらないと滑る



142: ドラマ好き
>>129
いやまず脚本からしてぜんぜん出来が違う
役者はもちろんだけど



130: ドラマ好き
コンフィデンスマンJPを意識してる?



132: ドラマ好き
こういうのは完全にコメディに振り切った方がいいのに
中途半端に真面目な要素を入れてるのが良くない気もするな



133: ドラマ好き
本田翼のキャラが痛すぎて見ていて辛かった…w
映像は良かったかな



135: ドラマ好き
チートまあ普通に面白いかな
金子、風間演技上手すぎる
本田、福原可愛いからよしとする
最後の風間敵ぽい役がいい、合ってる



137: ドラマ好き
風間が金子くんに近づきすぎてドキドキした
またうっかり告られるぞ



138: ドラマ好き
最後は桐山と風間の対決なんだろうけど
それまでどう話をつなぐのか
詐欺師を騙し返すと言っても今日と同じパターンばっかりだと飽きるわ



140: ドラマ好き
これ詐欺師がモモのこと知ってたら失敗してるよな



141: ドラマ好き
絵面はオシャレだし可愛いし格好良いしで眼福ではあったが、脚本が圧倒的につまらんのとやっぱり本田翼の演技はうまくない



143: ドラマ好き
本田翼の最後の犯人追い詰める時は普通のテンションにしてくれ 見ててきつかった



144: ドラマ好き
〇〇がボスの名前という情報ありきで
最後頭から酒を飲んでたやつがその名前じゃないだろと理不尽ないじめられ方をしていたが
そもそもボスの名前情報が間違ってるんじゃないかとか
あいつの名前は〇〇だがボスではなくてボスは別の△△
だったとかいくらでも別の展開ありそうで
つまり風間は安定のアホにしか見えない



147: ドラマ好き
やばいなつまらんw



148: ドラマ好き
探偵は原作あるし脚本も99.9の人だし



149: ドラマ好き
首領ダー子と黒薔薇純子を足し合わせた感じかな
モモこと星野沙希は
占い師の池内万作さんと写っているのが幼少期の沙希?(2001.8.4)



153: ドラマ好き
2話の方が話としては面白そうな匂いが
でもアジトの寒いやりとりが続くならきついな



154: ドラマ好き
登場人物のかわいいとかっこいいだけしか話題にならない



155: ドラマ好き
いやぁ、脚本ひどかったねw
ファーストシーンにインパクトないし、主役への好感度上げも失敗してたし
初回なのにムリヤリに3人のキャラを立てようとして取っ散らかっちゃってたし
どういう組織なのかの掘り下げと今後向かう方向性も示せてなかった。
「詐欺師を騙す」ってテーマはいいのに脚本のテクニックがなくて残念な感じ



156: ドラマ好き
単に詐欺師を騙すだけじゃないんじゃないの?
風間は実はニセ刑事で自分も詐欺師集団とかじゃないのか
あと、高橋努は本当の波岡(詐欺師の親玉)じゃなかったんだよね



【チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~】の記事一覧

★pickup★

★最新記事★




コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
最新コメント

近くでバンバン撃ってるのに
当たらないからイライラする

まあ拳銃はちょっと離れると
動く相手に当てるのは難しい
とも聞くけど

例えばコッキングが重たいとか
何発かは



特撮だってんで見たけどショボい射撃してるだけで微妙だな
何故か皆止めを刺せる位置に来ると会話し始めるのはやめた方がいいわ



どこかで見た事ある駄作の寄せ集めな脚本演出のドラマで残念だった
新しい魅力的な要素が全く無い
100点満点で50点の覚悟で見て70点くらいなら良いなと思っていたけど10点



期待してなかったけど面白かったわ
最初の空席は既にガルガンファイトでやられた奴だったんだな
参加者以外の記憶からも消されると
何となく続きが気になるしアクションも



ハリウッド映画見ればわかるが
ガンアクションものって主人公vsモブ(ゾンビとか戦闘員とか)なんだよね
名前持った敵(有名俳優)と戦う場合は必ず至近距離で武器捨てて格



演技以前にサバゲーとして全然成り立ってない!至近距離で外すとかあり得ない



貧.乳が走り回って巨.乳が指示を出すという謎設定



予想通りというか緊迫感のないアクションドラマだな



原作ファンだから何の不満もないけど前半は基本まったりドラマだよ
逆にこのまったりさが好きな人には後半の展開は受け付けないかも
その点でも見る人を選ぶドラマかもしれ



夏帆は天コケに始まるゆったりしたキャラが持ち味だし
あとみんなエスパーのような名作もある
こういう神経質な役は合わないな



テレ東らしいテイストというか
最初からこんな感じは分かりきってるけど
それにしてもイマイチめりはりに欠ける



これの一巻が試し読みできて読んで見たけど
原作のほうがいいじゃん
ドラマは原作をかいつまんでるだけなのが分かった



1話で2話分のオムニバスになってるのか?
しかし中村倫也は移動コンビニやったり移動珈琲店やったり移動系好きね
でも珈琲提供しながら悩み聞くくらいじゃ話として面白くは



むしろ二番煎じとかパクリとか言われることを狙ってやってる気がするわ
同じ局、同じ時間帯でやるのにここまで寄せてるなんて



電車の運転士は女の子を押して
助けてる様子は見てると思うんだがなぁw
女の子の母親もだめだよな
娘助けてもらったのに 自殺と嘘の証言
しちゃってさ



踏切が故障した際は電車を駅に停車させて故障が直るまで発車させないのが規則のはずなんだが、なぜ踏切故障しているのに電車が走ってきたんだ?
脚本おかしいだろちゃんと



竹野内の設定がいろいろ過剰すぎると思う

原作どうであれ、煩雑。
ふるさと納税で、わけのわからないものが多すぎるし
竹野内の演技も過剰な気がする。

もっとそぎ落とす



面白かった!
黒木華のツンデレ芸最高カワイイ
他の役者もそろってて安心して見てられる

まあ段取りはお決まりだけど
後続の本を才能あるやつが書いてくれさえすれば間違



話の組み立てが雑な感じがした。
踏切が降りてなかったのは故障してた?秘書が子どもを助けるために突き飛ばしたのを運転手が見てなかったとしたら、運転手の過失。あんな



裁判官のドラマって全然ないけどよほど現実を逸脱しないとに面白くならないよね。
提出された証拠と証言から判断するのが本来の仕事だから。
こうやって検察や弁護士の仕事



今回の事案
いちばん悪いのは
踏切故障を放置してた鉄道会社じゃねえか?
トラックが来てたらもっと大事故になって
死傷者多数だよ



キャラクターはどのキャラも好感持てて良い
しかし目の前で人が電車に轢かれたのを見てる娘は
もっとショックを受けててもおかしくないし
警察より先に母親に議員が接触し



何でこれコミカル路線にしたんだろせっかく面白いのに竹野内のキャラがウザくて脱落しそう



面白かったな特にコメディ部分は良かったと思う



探偵伏見チームと警察島原チームの共闘をテーマにすればいくらでも続編作れそう、そして作ってほしい



それを言うなら先生ぶん殴っただけで脳天銃で撃たれて死んだ不良生徒ですよ
いかにもレイープした風なミスリードで見せてたから、自殺の原因も半分くらいはその心の傷もあ



美保がクズ過ぎて今まで引っ張ってきたのが台無し
せめて美保も騙されて中傷記事を書いたけど後から真実を知って謝罪に行ったが鳥羽の妻はその直前に自殺していた・・・み



内通者に一瞬誰?と思ってしまったわ
少し残念な脚本な所はあったけど湊川と小牧と鳥羽と柿崎のキャラはよかった
長篠もかな
伏見探偵事務所のSPなら見たい最後の4人のやり



このドラマも、「スクールポリス」も「君と世界が・・・」も
愛する人を殺された復讐、愛する人を守る為、、と
テーマがどれもこれも同じ



それにしても警察の偉いやつは
高嶋のクリニック紹介したわけだから知り合いかと思ったが、
友達とかではなったんだな。
偶然高嶋のクリニックを紹介するとかどんな確率な



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: