ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  リーガル・ハート >  リーガル・ハート 第4話《あらすじ、感想、視聴率》

リーガル・ハート 第4話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
村越(反町隆史)の元を製氷会社の3代目社長・水橋(林泰文)が訪れる。同社は大口取引がなくなったことで売り上げが激減し、新設した工場の借入金が経営を圧迫していた。融資を受けたが売り上げは伸びず、追加融資を頼んだところで銀行が激怒。手形事故で倒産となりかねない状態だ。その甘い経営に一度は突き放した村越だが、若手社員達のため、つてを頼り再建に動く。


【公式サイト】 【Wikipedia】 【Twitter】

ドラマBiz【リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~】第4話
8/12 (月) 22:00 ~ 22:54 (54分)
テレビ東京(Ch.7)

視聴率【3.3%】

ツイート
#リーガル・ハート
#リーガルハート



328: ドラマ好き
社長は新規の取引先を探しに行ってるに違い無いと思ってたのに
ガチで逃亡してたとは・・・・



331: ドラマ好き
>>328
それはそれで意外性あって面白かった。新規取引先を探してて感動させようってのは、少々押し付けがましい。



329: ドラマ好き
業種が違うだけで、大まかな話は毎週一緒なんだよね。
まあ再建弁護士だから仕方ないんだけど



332: ドラマ好き
今週はひょっこりはん無しか…



333: ドラマ好き
刑事ドラマとかでは犯人役が多い人が救われる側や良い人の役でゲスト出演してる感じがする



334: ドラマ好き
ひょっこりはん気になって調べてみたら、ダンサーもしてるのね



336: ドラマ好き
草薙出てたけどチョイ役からリスタートか
そもそもスマップじゃなきゃドラマなんて出れてないしな



【リーガル・ハート】の記事一覧

★pickup★

★最新記事★




コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
最新コメント

なんだ!?
男と女で思考が違うって話か?
女2人は弟が生きてることを望み
男は大きな事件になることを望んでる

今田美桜が可愛いだけの回だったな



今回はケイト父の話の進展ナシか
ケイトと尾高の関係は終わりそうかな

しかし知らない人間が余裕で入れるのはありえない
入って来たときに誰か気付かないのか!?
尾高の庇



面白かった
最後の駆け足での終了は勿体ないが
あと2話引き延ばしてもって感じなので
これで良かったか!?

次回がありそうな終わり方
あったところでどう広げるかだけど...



だんだん色々な事がわかってきて良いね
最後のたたみ方で評価は大きく変わりそう
・渡部篤郎の火事の関り
・翼の事件との決着
・向井理と仲間由紀恵の結末
楽しみだ



吸ったタバコからも検出されないなんて
凄い毒だよな...恐ろしい



何回も過去に戻るのかと思ったけど違うのか...
"老け"のクオリティの低さには慣れたけど
整合性の面では不満
原作が悪いのか、脚本が悪いのか...
設定は面白いの



クソだな
逃げてるから公務執行妨害だろ

傷害事件!?の現場から逃走→逮捕→犯人じゃない
これ誤認逮捕になるのか?



いまだにアンチやってるアホがいるのかw



何が10の秘密かは教えて欲しいな



面白かった。
確かに安いCGと老け榮倉の声はマイナス点
ミスリード狙いでも鈴木の表情やり過ぎで完全に犯人
原作は見てないから最後まで楽しみたい。



>>809
ぜひ君のクラスっていうのの詳細教えてくれよ
転校するわ



今までと違い、キムタク感が無くてすごく引き込まれた(^ε^)-☆Chu!!
このドラマを通して、女子大生ストーカー殺人事件がヒントをくれたと思うのは私だけ?
ただ、「警察を憎



いつも拝見しております。



ソロキャンプに興味があって観てるけど
何が言いたいのかよくわからない。分からないから
ネタばれサイトとか感想よんで、ストーリーを理解する始末。
ストーリーが何を伝



勉強になりました!



ブラック校則っていうけど
まともなルールも入ってるよね
学校のルール守れないのに社会のルールは守れるの?
だから自分勝手なのが多いんだな
そんな奴らが社会に出てくる



参考にします!



怖い



血統上げてどうすんだwww



367
突っ込みどころは多かったが
それなりに楽しめた

これだな。

無菌室の意味...
怪我すると感染症が心配...



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: