ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  忘却のサチコ >  忘却のサチコ 第11話《あらすじ、感想》

忘却のサチコ 第11話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第11話 あらすじ>
幸子(高畑充希)は執筆に行き詰まった姫村(長谷川朝晴)の依頼で「結婚が突然、破談になる事情」を取材することになる。俊吾(早乙女太一)とのことを知る小林(葉山奨之)は心配して手伝うが、自分のことと重ねて落ち込む幸子に厳しいことを言ってしまい、険悪な空気になる。そんな中、編集部員が宴会芸を披露する、年に1度の部会が開かれ、幸子は渾身(こんしん)の宴会芸をする。その後、幸子は韓国料理「ソルロンタン」に癒やされる。



【忘却のサチコ】の記事一覧

★pickup★

★最新記事★



コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: