ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  結婚相手は抽選で >  結婚相手は抽選で 第5話《あらすじ、感想》

結婚相手は抽選で 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
龍彦(野村周平)の5回目の見合い相手は奈々(高梨臨)だった。既に見合いを2回断っている奈々は「テロ対策活動後方支援隊」行きを回避するため、龍彦から断られるような振る舞いをする。だが、美人の奈々に気後れした龍彦は自ら身を引こうとする。一方、好美(佐津川愛美)と見合いした嵐望(大谷亮平)は彼女に強い母性を感じる。だが、嵐望は好美の希望条件「飲酒をしない」に一致しなかった。しかし、2人は再び会う約束をする。


991:
なるほどな。これがやりたかったのか。
リーチ女がアウトオブ眼中男を引き止めるの図

992:
なんだよなんだよ
本命の見合い相手どうしの見合い番組になっとるやんけ

996:
今回も良い回でした(〃ω〃)

4:
北風くんを使ってLGBTをぶっ込んできたな。

でも、同性愛者はまだ日本人だからこの法律を批判するのはいいとしても、
同時に 「在日韓国人」 の文字を画面に大写しにするのは違うんじゃないか?

東海セシウムテレビの悪意をまた感じた。

5:
13人に1人がレズやホモなんて嘘もいい所だわ
100人に1人程度が妥当だろ

18:
>>5
ほんとこれ

電通のゲイの人も言ってたけど
誰がどこで調べたんだよ

6:
すっげー無理すぎる展開。
奈々が変わりすぎ。脚本急ぎすぎだろ。

7:
今までが長い長い前振りだったな。
さっさと話を前に進ませればよかったのに。
そもそも結婚するもしないも個人の自由なのであって、
こんな法律は人権侵害以外の何ものでもないんだから成立するはずがない。
主人公が「人を傷つける法律なんてあってはならない」とかなんとか言ってても
そんなことは最初から分かっているだろ、としか思えないんだけど

8:
世にも奇妙な物語的なとんでも話しなんでしょ?
もしも抽選でお見合いをしたら~?みたいなパラレルワールドだし
現実的にどうこう考えるのはナンセーンス

9:
つまり、顔の濃い男は佐津川にバブミを感じてるわけね

10:
てゆーか世にも奇妙な物語くらい短くまとめてくれたら
めっちゃ面白かったかもしれないのに

11:
泣いちゃったぜ

お好み焼きデートと
看護師とらんぼう

12:
先週から北風くんはカミングアウトしたくてウズウズしてたもんな

13:
まあ最初からホモ要員臭ぱなかったけどな

14:
佐津川さん、顔芸はもう少し控えめにしてほしいw

17:
いちいち在日やマイノリティに過剰反応する人達ってドラマ見るのやめればいいのに
普通に面白いのにフジテレビによる洗脳とか頭わいてるのかね
愛国心もどきを拗らせるのが唯一のアイデンティティだから仕方ないかw

19:
北風くんのカムアウトのあとに
突然、裸で寝てるシーンに移ったから
北風くんと野村が酒に酔った勢いでやっちゃったのかと思った

20:
それにしても、会って3回めで彼女の部屋に入り込むことに成功し、朝まで一緒に過ごした嵐望って、手慣れてるよね。
今までのようにガツガツしていない嵐望の方が、素敵かも。

21:
奈々は多分1回目でたっちゃんと当たってたら即お断りだったろうな
仕方ないからと引き留めて結果的に二人の距離が縮まり相手への理解も多少生まれた
今まで見たことない二人の笑顔が微笑ましくて可愛らしかった
人間初対面の印象で決めつけるのは愚かだと言われてるような気もした
このドラマ、リーチかかってからが本番だと思ってたけど予想以上に面白い

逆に初対面から相手を好ましく思ったランボーはそれ故に意図的に何かを隠してるよな
早く知りたい
北風くんと彼の見合い相手に泣いた

23:
面白くなってきたね。こういうシステムの中で悪用して犯罪に走る人もいれば、
強制されて始めて自分の殻を破ったり素の自分を出せたり、本性が出てくるね。

ランボーはすぐに女に手を出すクズ男でした。そりゃ相手からお断りされますわ。

26:
13人に1人も性的マイノリティがいるってどこ調べなんだろう
ひとクラスに3~4人もいてたまるかw
それとも今時の若者にはそれくらいいるの?

27:
>>26
我々のいる現実世界のことではなく、
あのドラマ内の地球とか日本でのことなのだろう。


【結婚相手は抽選で】の記事一覧

★pickup★

★最新記事★




コメントの投稿
15文字まで





検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
最新コメント

日本有事と急がれる改憲、大変恐縮に存じますがどうかこの危機を皆様に知って頂きたいです

日本存亡に関わる台湾有事危機が高まる中、
敵国が望む改憲阻止の為、中韓と連



武田玲奈さんは女優業にも積極的ですね。



近くでバンバン撃ってるのに
当たらないからイライラする

まあ拳銃はちょっと離れると
動く相手に当てるのは難しい
とも聞くけど

例えばコッキングが重たいとか
何発かは



特撮だってんで見たけどショボい射撃してるだけで微妙だな
何故か皆止めを刺せる位置に来ると会話し始めるのはやめた方がいいわ



どこかで見た事ある駄作の寄せ集めな脚本演出のドラマで残念だった
新しい魅力的な要素が全く無い
100点満点で50点の覚悟で見て70点くらいなら良いなと思っていたけど10点



期待してなかったけど面白かったわ
最初の空席は既にガルガンファイトでやられた奴だったんだな
参加者以外の記憶からも消されると
何となく続きが気になるしアクションも



ハリウッド映画見ればわかるが
ガンアクションものって主人公vsモブ(ゾンビとか戦闘員とか)なんだよね
名前持った敵(有名俳優)と戦う場合は必ず至近距離で武器捨てて格



演技以前にサバゲーとして全然成り立ってない!至近距離で外すとかあり得ない



貧.乳が走り回って巨.乳が指示を出すという謎設定



予想通りというか緊迫感のないアクションドラマだな



原作ファンだから何の不満もないけど前半は基本まったりドラマだよ
逆にこのまったりさが好きな人には後半の展開は受け付けないかも
その点でも見る人を選ぶドラマかもしれ



夏帆は天コケに始まるゆったりしたキャラが持ち味だし
あとみんなエスパーのような名作もある
こういう神経質な役は合わないな



テレ東らしいテイストというか
最初からこんな感じは分かりきってるけど
それにしてもイマイチめりはりに欠ける



これの一巻が試し読みできて読んで見たけど
原作のほうがいいじゃん
ドラマは原作をかいつまんでるだけなのが分かった



1話で2話分のオムニバスになってるのか?
しかし中村倫也は移動コンビニやったり移動珈琲店やったり移動系好きね
でも珈琲提供しながら悩み聞くくらいじゃ話として面白くは



むしろ二番煎じとかパクリとか言われることを狙ってやってる気がするわ
同じ局、同じ時間帯でやるのにここまで寄せてるなんて



電車の運転士は女の子を押して
助けてる様子は見てると思うんだがなぁw
女の子の母親もだめだよな
娘助けてもらったのに 自殺と嘘の証言
しちゃってさ



踏切が故障した際は電車を駅に停車させて故障が直るまで発車させないのが規則のはずなんだが、なぜ踏切故障しているのに電車が走ってきたんだ?
脚本おかしいだろちゃんと



竹野内の設定がいろいろ過剰すぎると思う

原作どうであれ、煩雑。
ふるさと納税で、わけのわからないものが多すぎるし
竹野内の演技も過剰な気がする。

もっとそぎ落とす



面白かった!
黒木華のツンデレ芸最高カワイイ
他の役者もそろってて安心して見てられる

まあ段取りはお決まりだけど
後続の本を才能あるやつが書いてくれさえすれば間違



話の組み立てが雑な感じがした。
踏切が降りてなかったのは故障してた?秘書が子どもを助けるために突き飛ばしたのを運転手が見てなかったとしたら、運転手の過失。あんな



裁判官のドラマって全然ないけどよほど現実を逸脱しないとに面白くならないよね。
提出された証拠と証言から判断するのが本来の仕事だから。
こうやって検察や弁護士の仕事



今回の事案
いちばん悪いのは
踏切故障を放置してた鉄道会社じゃねえか?
トラックが来てたらもっと大事故になって
死傷者多数だよ



キャラクターはどのキャラも好感持てて良い
しかし目の前で人が電車に轢かれたのを見てる娘は
もっとショックを受けててもおかしくないし
警察より先に母親に議員が接触し



何でこれコミカル路線にしたんだろせっかく面白いのに竹野内のキャラがウザくて脱落しそう



面白かったな特にコメディ部分は良かったと思う



探偵伏見チームと警察島原チームの共闘をテーマにすればいくらでも続編作れそう、そして作ってほしい



それを言うなら先生ぶん殴っただけで脳天銃で撃たれて死んだ不良生徒ですよ
いかにもレイープした風なミスリードで見せてたから、自殺の原因も半分くらいはその心の傷もあ



美保がクズ過ぎて今まで引っ張ってきたのが台無し
せめて美保も騙されて中傷記事を書いたけど後から真実を知って謝罪に行ったが鳥羽の妻はその直前に自殺していた・・・み



内通者に一瞬誰?と思ってしまったわ
少し残念な脚本な所はあったけど湊川と小牧と鳥羽と柿崎のキャラはよかった
長篠もかな
伏見探偵事務所のSPなら見たい最後の4人のやり



お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: