ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  ラストチャンス ~再生請負人~

ラストチャンス ~再生請負人~ 第8話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
「デリシャス・フード」は含み損100億円以上で「倒産の危機」とスクープされ、株価が大きく下落する。窮地に陥った樫村(仲村トオル)は、十和子(水野美紀)が社長を務める外食企業に筆頭株主・山本(大谷亮平)が持つ株を売ろうと急ぐ。ところが、その山本と連絡が取れなくなる。山本は商事会社常務・小沢(竜雷太)とひそかに交渉を進めていた。その後、商事会社はデリシャス・フードへの資本提供を取りやめると言い出す。

ラストチャンス ~再生請負人~ 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
樫村(仲村トオル)は宮内(椎名桔平)から、十和子(水野美紀)を操るのは創業者・結城(池田成志)だと知らされ、驚きを隠せない。一方、宮内と前社長・大友(本田博太郎)は、商事会社の支援を受けて、会社を分割して売却するよう樫村に迫る。社運を託す先は十和子の外食企業か、商事会社か。経営再建のために決断を迫られる樫村は、十和子に結城との関係を問う。混乱した樫村は、いつもの占い師(ミッキー・カーチス)を訪ねる。

ラストチャンス ~再生請負人~ 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
樫村(仲村トオル)は財務部長・岸野(勝村政信)の計らいで、創業者・結城(池田成志)と対面。結城は自身の株を売り会社を去った後、小さなそば店を営んでいた。樫村は巨額の含み損を出した張本人を前に、憤りを隠せない。そんな樫村に結城は、経営再建に向けたある提案をする。一方、樫村から経営支援を頼まれていた十和子(水野美紀)は、8億円の資金提供と引き換えに経営権が欲しいと主張。だが、山本(大谷亮平)は反発する。

ラストチャンス ~再生請負人~ 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
樫村(仲村トオル)は赤字店の整理を先延ばしにし、社員に業績回復のチャンスを与えてきたが、宮内(椎名桔平)は甘いと非難。さらに、新聞記者・木佐貫(永岡佑)から業績悪化を問いただされる。そんな中、直営店を整理しているという噂から株価が下がり、倒産を恐れたフランチャイズのオーナー達が会社に押し掛ける。その中の一人・龍ヶ崎(大鷹明良)は、金を返してもらうため、会社の銀行口座を差し押さえると言い出す。

ラストチャンス ~再生請負人~ 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
龍ヶ崎(大鷹明良)らフランチャイズのオーナーが10人ほどで会社に押し掛け、フランチャイズ権の買い戻しを要求する。樫村(仲村トオル)は何とかなだめようとするが、オーナー達の怒りは収まらない。また、ファンド会社社長・山本(大谷亮平)からリストラを求められた樫村は、早急に資金調達する必要性を感じ、外食企業社長・十和子(水野美紀)と食事をして、経営支援を依頼する。だが、その日は樫村の息子の誕生日だった。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: