ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  そろばん侍 風の市兵衛

そろばん侍 風の市兵衛 第9話(最終回)《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
美早(前田亜季)の訴えに心打たれた勘七郎(川口覚)は、意を決して「直買い」について伊右衛門(渡辺徹)にただす。ところが伊右衛門は、土浦の本家の指示でやったことで、荷の中身は知らないと主張する。美早と勘七郎は本家で事実を確認するため、しょうゆを降ろして戻る仁三郎(木下ほうか)の船に乗り込む。市兵衛(向井理)は美早らを守るため、信正(筒井道隆)に仕える弥陀ノ介(加治将樹)を伴い、2人に同行。夜になり、伊右衛門が雇った賊が市兵衛の宿敵・青(山本千尋)と共に一行に襲い掛かってくる。

そろばん侍 風の市兵衛 第8話《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
空きだるの横流しを知った市兵衛(向井理)は、渋井(原田泰造)の情報としょうゆ運搬船の船頭・仁三郎(木下ほうか)の話から、さらに大きな不正に気付く。広国屋で大口の客を担当する売倍方では、木綿をしょうゆ運搬船に隠してひそかに江戸に持ち込み、高値で売りさばいていた。それはご法度の「直買い」で、そこには老中・土井家が絡んでいるという。市兵衛は、権力による不正を信正(筒井道隆)に知らせ、協力を求める。

そろばん侍 風の市兵衛 第7話《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
市兵衛(向井理)の新たな勤め先はしょうゆ問屋・広国屋。雇い人は主人・勘七郎(川口覚)のいとこで、本家から来た・美早(前田亜季)だった。帳簿に不審な点があるが、店は頭取の伊右衛門(渡辺徹)が仕切っており、勘七郎に訴えても取り合ってもらえないので調べを手伝ってほしいと、美早は市兵衛に告げる。市兵衛は、主人が動かなければどうにもならないと美早を突き放す一方、手代・文蔵(新納慎也)らに接近する。

そろばん侍 風の市兵衛 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
かつて無法者を殺害した天外(高橋克実)。お絹(小芝風花)はその過去を許すことができないまま天外を死なせてしまう。味方のふりをしてお絹にそれを告げた大黒屋重五(阪田マサノブ)こそ、岸屋新蔵(山中崇)と組んで磐栄屋をつぶそうとした張本人だった。傷心のお絹に、重五は岸屋からの共同経営の話を持ち掛ける。市兵衛(向井理)は新蔵らの陰謀を告げ、危険だと止めるが、お絹は新蔵と重五に相対することを決意する。

そろばん侍 風の市兵衛 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
市兵衛(向井理)は天外(高橋克実)から秩父行きを危ぶんだ理由を聞く。大店の呉服屋・岸屋新蔵(山中崇)は磐栄屋のある土地を欲しがっていたが、天外は拒んだ。すると土地の召し上げ話が出て、自身は襲われたという。岸屋は鳴瀬家の御用商人。市兵衛はそのからくりを信正(筒井道隆)に伝え、調べを頼む。一方、新蔵は天外の店に隣接する長屋を打ち壊すという手段に出る。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: