ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  家政夫のミタゾノ 2

家政夫のミタゾノ 2 第8話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
裕福だった麻琴(剛力彩芽)の家庭を破滅に導いたのは三田園(松岡昌宏)だという噂を、倫子(内藤理沙)が聞き込んでくる。頼子(余貴美子)が麻琴に頼まれ、三田園を麻琴の自宅に派遣した直後だった。頼子達は麻琴が復讐を考えているのではと慌てる。ところが実は、家庭を壊した家政婦は三田園ではなく順子という人物で、麻琴は亡母と写る順子の写真を皆に見せる。そこに突然、麻琴の父が順子を伴って帰宅し、彼女との再婚を宣言する。

家政夫のミタゾノ 2 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)が派遣された老舗旅館のオーナーが死去。遺言書には旅館の所有権・経営権の一切は「メアリー」に譲ると記され、妻・時江(岡本麗)と息子・良彦(坂本真)はあぜんとする。何者か正体も分からず、時江が良彦を後継者にした体制を推し進める中、米国からそのメアリー(ナタリー・エモンズ)が来日。時江はメアリーに一度女将を任せ、音を上げたところで追い出そうとする。一方、三田園はメアリーが仏壇に仕掛けたものに気付く。

家政夫のミタゾノ 2 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、高い恋愛成就率で人気のスピリチュアリスト・ルナ(鳥居みゆき)の屋敷へ。折しも、依頼客のめぐみ(小野寺ずる)が帰るところで、後をつけた2人は、めぐみがルナのお告げどおりの出会いをするのを目撃する。そこで、麻琴は家族の生活費を削ってかき集めた金で、結婚相手との出会いを見てもらう。そして、お告げに従って商店街に立ち寄ると、ジャーナリストの洋子(東風万智子)から声を掛けられ…。

家政夫のミタゾノ 2 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、顔出しNGの人気デザイナー・千恵子宅へ。玄関先で、デザインの催促に訪れたファッション誌の新人編集者と鉢合わせする。実はその直前、家政婦代わりに使われていた弟子の一美が、自分の作品を盗作した千恵子を激しく非難。突き飛ばしたはずみで、千恵子は棚の角に頭をぶつけて倒れ、動かなくなった。3人が千恵子の顔を知らないと気付いた一美は、とっさに本人に成り済ます。

家政夫のミタゾノ 2 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
三田園(松岡昌宏)と麻琴(剛力彩芽)は、美容界のカリスマ・美子(黒田福美)の屋敷に派遣される。すると、出迎えた秘書の真奈美(天野はな)が美子は前夜、亡くなったと明かす。ひそかに闘病していた美子は、美容と健康を訴えてきた自分の病死は会社のイメージダウンになると懸念し、家族葬を遺言。既に長女・千香(遠山景織子)、長男・光太郎(山本浩司)と妻・里美(永井若葉)、その娘・由香里(吉川愛)が顔をそろえていたが…。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: