ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  ヘッドハンター

ヘッドハンター 第8話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
財務省の国有地払い下げ問題が発覚。なぜか関連文書は破棄され、払い下げを認可した議員・藤堂(堀部圭亮)に不正献金の疑いが掛かる。藤堂は、かつて黒澤(江口洋介)が心酔していた直属の上司だった。藤堂の依頼により、黒澤は財務省職員・川瀬(山本耕史)を好条件でヘッドハントする。記録の改ざんを命じられて悩む川瀬を転職させ、口封じしようという魂胆だ。黒澤の裏切り行為に灰谷(杉本哲太)も響子(小池栄子)も激高する。

ヘッドハンター 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
黒澤(江口洋介)はすご腕外科医・磯田(平田満)を地方都市の大病院にヘッドハントしようとする。国は同病院を地方再生の中核と位置づけ、バックには地元選出の議員・藤堂(堀部圭亮)が。だが、人格者と思われた磯田は弟子・高坂(丸山智己)からパワーハラスメントで訴えられていた。灰谷(杉本哲太)と美憂(徳永えり)はなぜ黒澤が磯田を選んだのか疑問を抱く。一方、響子(小池栄子)は高坂をヘッドハントしようと動き出す。

ヘッドハンター 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
事務機器メーカーの人事部・芥川(宅間孝行)の前に元上司・川端(春海四方)が現れるが、突然倒れて意識不明の重体に陥る。川端の妻・妙子(弘中麻紀)は、夫が悪質なヘッドハンターにだまされ、芥川に相談しに行ったのではないかと言う。話を聞いた響子(小池栄子)は、悪徳業者捜しに協力するよう黒澤(江口洋介)に要請。やがて、川端の転職先で奇妙な点が浮上し、島崎(野間口徹)というヘッドハンターが絡んでいると分かる。

ヘッドハンター 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
待遇は部長職、年俸200万円アップと、54歳の転職としては破格の厚遇なのに、西郷(板尾創路)はなぜか首を縦に振らない。一つの会社を勤め上げることに美徳を感じているのに加え、黒澤(江口洋介)のようなヘッドハンターを嫌っているのだ。そんな中、西郷の妻・早苗(山下容莉枝)が義父の介護疲れで倒れてしまう。お金が必要な状況に陥った西郷は、「年俸アップ」の言葉を思い出し、意を決して黒澤の事務所を訪ねる。

ヘッドハンター 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
黒澤(江口洋介)、灰谷(杉本哲太)、美憂(徳永えり)は、ある温泉地で善三(伊武雅刀)・瑞江(立石涼子)夫婦が営む老舗旅館に来ていた。善三が倒れて車椅子が必要な状態になり、息子たちとは絶縁状態にあるため、新たな後継者を探してほしいという。芳しくない経営状況を知った黒澤は現地に残り、旅館事情の調査に乗り出す。東京に戻った灰谷と美憂は早速、条件に合った候補者を挙げるが、善三は何かと条件を付けては断る。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: