ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  もみ消して冬

もみ消して冬 第10話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

<第10話 あらすじ>
秀作(山田涼介)は居心地のいい吉田家になじみ、日々幸せを感じている。一方、邦夫(加藤諒)も泰蔵(中村梅雀)、知晶(波瑠)、博文(小澤征悦)とのセレブな生活に満足していた。そして、2人はこのまま完全に入れ替わるのがベストだと確認し合う。そんな折、泰蔵が融資を取り付けたミランダ(シンシア・チェストン)との密会現場を撮影され、金をゆすられる事件が発生。楠木(千葉雄大)から聞いた秀作は、泰蔵を救おうと動き出す。

もみ消して冬 第9話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

<第9話 あらすじ>
里子(恒松祐里)が最近知らない男に付けられている気がすると言い、用心していた秀作(山田涼介)は、不審な男(加藤諒)を捕獲。ところが、その男・邦夫の目的は秀作で、実は秀作と邦夫は赤ん坊の頃に取り違えられたのだと言い出す。衝撃を受ける秀作をよそに、泰蔵(中村梅雀)はその事実を認め、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)も血のつながりがないことに納得したとまで言う始末。さらに、邦夫は再び入れ替わるべきだと秀作に迫る。

もみ消して冬 第8話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

<第8話 あらすじ>
朝帰りした秀作(山田涼介)に、泰蔵(中村梅雀)が、里子(恒松祐里)を家に連れてくるよう提案。秀作は知晶(波瑠)が友人宅に泊まり、博文(小澤征悦)が会合で遅くなるという日をあえて選び、里子を招待した。ところが、知晶は友人にドタキャンされたと帰宅。博文も尾関(小瀧望)と手毛綱(児嶋一哉)を従え、早々に戻ってくる。そんな中、里子の靴が消えていることに気付いた秀作は、2人の交際を快く思っていない人物の仕業だと疑う。

もみ消して冬 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

<第7話 あらすじ>
博文(小澤征悦)は善財(竹森千人)に応急処置を施すが、凶器のハンドベルの指紋から犯人扱いされる。意識が戻った善財が真犯人を明かしても汚名返上とはならず、「副院長への道が絶たれた」と落ち込む博文。秀作(山田涼介)は泰蔵(中村梅雀)と知晶(波瑠)に命じられ、失意の兄を勇気づける。そんな中、院長・浜野谷(柴俊夫)宅に出入りするクリーニング店の手毛綱(児嶋一哉)から、博文にも挽回のチャンスがあるとの情報が入る。

もみ消して冬 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~

<第6話 あらすじ>
大学時代の社交ダンス部の同窓会から帰宅した泰蔵(中村梅雀)が玄関で倒れ、博文(小澤征悦)の病院に救急搬送された。泰蔵はチョコレートの入った五つの紙袋を持ち帰っていたが、その中の一つが睡眠薬入りだった可能性が浮上する。翌日、見舞いに訪れたこずえ(山村紅葉)、潮音(宍戸美和公)ら5人の女性の中に犯人がいるとにらんだ秀作(山田涼介)らは、全員を自宅に招く。秀作はその態度からこずえが犯人だと確信するが…。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: