ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  ヤヌスの鏡

ヤヌスの鏡 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
裕美(桜井日奈子)が健一(白洲迅)に抱きかかえられてタクシーから降りる様子を見た貴子(国生さゆり)は激昂。目を覚ました裕美に怒鳴り散らし手を上げるが、裕美は何も覚えていないと泣きじゃくる。一方、健一は“ユミ”から裕美の秘密を聞き、半信半疑ながら“多重人格”ではないかと考える。

ヤヌスの鏡 第3話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第3話 あらすじ>
学校で気を失い倒れた裕美(桜井日奈子)を保健室まで運んでくれたのは健一(白洲迅)だった。その下校途中、健一のもとに“ユミ”の策略で退学となった夏帆(塚本小百合)と芽衣(八角瑛子)が現れ、「裕美は“ユミ”と名乗り、夜は派手に遊んでいる」と告げる。真相を確かめるため、健一は繁華街へと向かう。

ヤヌスの鏡 第2話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第2話 あらすじ>
昨夜の裕美(桜井日奈子)の様子を不審に思った貴子(国生さゆり)は、行動を監視するために裕美の日記を盗み見る。一方、日記に昨晩の出来事が書かれているのを見た裕美は、なぜ記憶がないのか混乱する。そして学校の放課後、裕美は“ユミ”に入れ替わってしまい、再びクラブを訪れる。

ヤヌスの鏡 第1話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第1話 あらすじ>
高校生の裕美(桜井日奈子)は、生徒会長の健一(白洲迅)に思いを寄せたことで祖母・貴子(国生さゆり)に激怒され、物置に閉じ込められる。助けてくれる人はなく、絶望の中で自分を責める裕美。そんな中、物置にあった香水の瓶が倒れて、懐かしい匂いの中で過去の記憶がフラッシュバックすると同時に気を失い、気が付くともう一つの人格“ユミ”と入れ替わっていた。

【2019秋 新ドラマ】ヤヌスの鏡

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<ストーリー>
小沢裕美(桜井日奈子)は、幼い頃から祖母の貴子(国生さゆり)に度を越えた厳しい教育をされ、貴子の下で委縮した高校生活を送っていた。そんな中、生徒会長の進東健一(白洲迅)に憧れの気持ちを抱いた裕美は、そのことを知った貴子に激怒され、物置に閉じ込められてしまう。そこには古い鏡台があり、裕美は引き出しの中に口紅や香水、さらには母・由起子の破れた写真を見つける。そして、動揺して香水を床に落としてしまうと、その瞬間に過去の記憶がフラッシュバック。気を失った裕美が目覚めると、優等生の“ヒロミ”とは全く違う人格の“ユミ”に入れ替わっていた。着飾ったユミは、ある目的のために街へ繰り出していく。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: