ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  決してマネしないでください。

決してマネしないでください。 第8話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
掛田(小滝望)は飯島(馬場ふみか)に思いを告白したが、ふられてしまい落ち込む。その後、掛田は理工学部教授の高科(石黒賢)から言われていたカリフォルニアの工科大学へ行く話を受けることを決める。一方、飯島は掛田との関係を大事にしたいという思いを抱えていた。そして、クリスマスの夜がやってくる。

決してマネしないでください。 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
飯島(馬場ふみか)をデートに誘うことができず悩む掛田(小瀧望)だが、科学の話題になると口調が滑らかになり、自然に飯島を科学施設に誘う。しかしそれがデートであるという意識は、掛田には全くない。テレス(ラウール)や有栖(今井悠貴)、ゾンビちゃんはそんな彼に、飯島のクリスマスの夜の予定を聞くよう助言。ところがその後、掛田はショッキングな事態に直面する。

決してマネしないでください。 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
夜、掛田(小瀧望)は飯島(馬場ふみか)やテレス(ラウール)、着ぐるみ姿のゾンビちゃんらと、大学の屋上で有栖(今井悠貴)の誕生日会を開く。ところが翌朝、目を覚ますと、昨夜の記憶がなく、自分と有栖だけが屋上に残されていた。さらに、着ぐるみと泥の付いたシャベルを見つけた掛田は、自分がゾンビちゃんに何かしてしまったのではないかと恐れ、記憶をたどり始める。

決してマネしないでください。 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
飯島(馬場ふみか)に抱き付かれた掛田(小瀧望)は、動揺が全く収まらない。恋愛となるとマイナス思考になる掛田はテレス(ラウール)らの助言もあり、もっと自信を持とうとする。だが、飯島と同僚の田中(織田梨沙)の何げない会話がきっかけで、掛田は飯島が元恋人に復縁を迫られていると思うように。しかも、その元恋人が意外な人物ではないかという疑いを抱き始める。

決してマネしないでください。 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
飯島(馬場ふみか)から話し掛けられても、何の答えも返せない掛田(小瀧望)。このままでは好感度が下がる一方だと悩む掛田は、テレス(ラウール)や有栖(今井悠貴)の協力を得て、好感度を上げるための特訓をする。しかし、飯島を前にするとその成果を発揮できない。その上、掛田は飯島に誤解を与えるような言葉を口にしてしまい、この世の終わりのような気持ちになる。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: