ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  少年寅次郎

少年寅次郎 第1話《あらすじ》 10月19日放送

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第1話 あらすじ>
1936年2月、平造(毎熊克哉)や妻・光子(井上真央)ら車家の人々が東京・葛飾の柴又で営む団子店「くるまや」の前に赤ん坊が置かれる。光子は誰の子か承知の上で育てることを決める。5年後、その子・寅次郎(藤原颯音)はわんぱくな少年に成長していた。一方、光子は女の子・さくらを出産する。

【2019秋 新ドラマ】少年寅次郎

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<ストーリー>
昭和11(1936)年2月26日。二・二六事件が起きたこの日、東京・葛飾柴又の帝釈天の参道にある団子屋「くるまや」を営む車家にも大事件が勃発していた。雪が降りしきる中、店の軒下に置かれていた赤ん坊を巡って大騒動に発展。赤ん坊は寅次郎と名付けられ、この家の子どもとして育てられることになる。時は経ち、“悪ガキ”に成長した寅次郎だったが、大好きな育ての母・光子(井上真央)を悲しませないためだけに、悪の道へと進むのを何とか踏みとどまっていた。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: