ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  孤独のグルメ 8

孤独のグルメ Season8 第10話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第10話 あらすじ>
五郎(松重豊)は、商談の相手・内田(きたろう)が待つ東京・豪徳寺へ。依頼された書斎デスクのカタログを渡すと、内田は「ものすごいやり手と聞いている」などと五郎をあおり出す。面倒な内田との商談を終え、疲れた五郎は、早めの夕飯を食べて帰ることにする。商店街を歩いていると「お食事処」ののぼりを発見。魚や洋食メニューが書かれた黒板が気になる。

孤独のグルメ Season8 第9話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
五郎(松重豊)は、壊れたバイオリンを修理してインテリアにしたいという得意先の要望で東京・御茶ノ水にある下倉(近藤公園)のバイオリン店へ。弓に使う馬の尾がある食べ物に見えた五郎は、空腹を覚え土地勘のない路地で店を探すが、ことごとく準備中。路地を抜けたところで、「南インド料理」の看板とメニューの「定食・軽食」の文字にひかれ、店に入る。

孤独のグルメ Season8 第8話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
五郎(松重豊)は仕事で鳥取へ行き、吉川(遠山俊也)に薦められた市役所名物「スラーメン」を堪能。輸入雑貨関連のパーティーではワインを断れず失態を犯す。翌日、昼食の店を探す五郎の前に現れたのは、お母さん(渡辺えり)と娘(伊藤修子)が営む繁華街から離れた鉄板焼き店だった。

孤独のグルメ Season8 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
五郎(松重豊)は、知己であるハンバーガーショップオーナー・中村(パパイヤ鈴木)との商談で、神奈川・由比ガ浜へ。転職した中村の雰囲気はすっかり変わっていた。商談を終え‘海鮮モード’になった五郎だが、周辺にはカフェしかない。ようやく見つけたドイツ家庭料理店には人けがなく、店を後にしようとした瞬間、現れたママ(かたせ梨乃)に席へと案内される。

孤独のグルメ Season8 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
五郎(松重豊)は、イベント会社社長・鳴海(青空球児)との打ち合わせで東京・浅草の雷5656会館へ。だが、鳴海の携帯電話の着信がやまず、話が一向に進まない。困惑しながらもどうにか打ち合わせを終えた五郎は、浅草で何か食べようとさまよい、焼き肉横丁を発見。店をなかなか決められない中、浅草の風景から浮いた、異国情緒あふれるタイレストランを見つけ…。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: