ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  時効警察はじめました

時効警察はじめました 第2話《あらすじ》 10月18日放送

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第2話 あらすじ>
霧山(オダギリジョー)は、アイドル並みの人気を誇るミステリー作家・秋斗の家へ。彼の父親が密室状態の書斎で殺された25年前の時効事件を調べることにしたのだ。彩雲(吉岡里帆)と鑑識課の康知(磯村勇斗)は秋斗のファンで、彼らの同行に三日月(麻生久美子)は不満を抱く。‘二つの刺し傷と三つの血だまり’が残された密室の謎に挑む霧山は、協力を申し出た秋斗の異変に気付く。

時効警察はじめました 第1話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第1話 あらすじ>
総武署時効管理課の霧山(オダギリジョー)は、25年前に水産加工会社の冷凍倉庫で新興宗教の教祖・絹枝(伊勢志摩)が凍死した時効事件に興味を抱く。ほぼ同時刻に、絹枝の元愛人で社長の玲蔵(村松利史)も自室で一酸化炭素中毒死していた。霧山と三日月(麻生久美子)は絹枝の娘・美沙子(小雪)の元へ。2代目教祖となった美沙子は、事件当時高校生で、玲蔵の妻でもあった。裏があると感じる霧山は、刑事・彩雲(吉岡里帆)からの情報で、美沙子の高校の同級生で信者の花崎(六角精児)が別の事件で取り調べられていたと知る。

時効警察・復活スペシャル《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<あらすじ>
時効になった事件を“趣味"で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が12年ぶりに時効管理課に帰ってきた。コンビの三日月(麻生久美子)、新人刑事の彩雲(吉岡里帆)と共に「浦島ガソリンスタンド火災事件」の捜査を始めることに。調べるうちに71歳にして40代の肉体を持つ男・美魔王藤原(武田真治)の存在が浮上。事件の被害者である沢村浩司の母・加奈子(余貴美子)や九品仏(菊地凛子)というライターも現れ…。

【2019秋 新ドラマ】時効警察はじめました

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<ストーリー>
総武署の食堂にある冷蔵庫から、10年前に時効となった事件の遺留品が入った段ボール箱が見つかる。箱には「要玲蔵(かなめたまぞう)」と書かれており、誰かが「要冷蔵(ようれいぞう)」と間違えて冷蔵庫に入れたままにしていたのだ。玲蔵は金持ちで女性関係も乱れており、“総武のウタマロ”と呼ばれていた。ある日、そんな玲蔵の愛人・絹江が、冷凍倉庫の中で凍死する事件が起きる。警察がその日のうちに玲蔵の自宅を訪ねると、なんと玲蔵も死んでいたのだ。時効管理課の霧山修一朗(オダギリジョー)は、交通課の三日月しずか(麻生久美子)も巻き込み、25年前に起きたこの事件を“趣味”で調べ始める。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: