ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  刑事7人(第5シリーズ)

刑事7人 シーズン5 第10話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第10話 あらすじ>
日雇い労働者の岡崎(井上康)が刺殺された。合同捜査会議に現れた捜査一課の管理官は、天樹(東山紀之)ら専従捜査班を捜査から外すと言い放つ。岡崎は環(倉科カナ)の父で外交官だった純平(河相我聞)の名刺を持っており、環は17年前に事故死した純平と岡崎の関係が気に掛かる。そこで天樹らは片桐(吉田鋼太郎)の指揮の下、両事件の捜査に着手。やがて外務省に17年前の外交機密費の問題が持ち上がっていると分かり、一同は二つの事件との関連を探る。そんな中、管理官と衝突した天樹に衝撃の事態が待ち受ける。

刑事7人 シーズン5 第9話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
投資家の村野(かないしゅう)ら4人が毒殺される。会社で飲んだ茶が原因と思われ、天樹(東山紀之)はグラスの残数が気に掛かる。企業コンサルタント・貴田(尾崎右宗)が疑われる一方で、介護センター職員・吉井(清水尚弥)の目撃談により現代アーティスト・松井(須賀貴匡)も捜査線上に浮上。天樹は71年前に画家が死刑になった事件と驚くほど似ていると気付く。

刑事7人 シーズン5 第8話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
半裸の遺体が元警察官・一戸(金井勇太)と判明。天樹(東山紀之)らと捜査を始めた拓海(白洲迅)は、現場にいた充子(赤座美代子)に話を聞くが、充子は認知症らしく、遺体は工藤という警察官だと言う。一戸は区職員・津島(山崎画大)にボランティアを申し出る一方、自分がかつて補導した元宮(佐野弘樹)とも行動していた。拓海は一戸が工藤と名乗っていたと気付く。

刑事7人 シーズン5 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
IT企業経営者・松永(生島翔)が廃倉庫で殺され、堂本(北大路欣也)の調べで死亡推定時刻が昼前と夜の2パターン考えられると分かる。松永の共同経営者・尾中(阿部亮平)と松永の妻のストーカー・春日(細山田隆人)が捜査線上に浮かぶ中、天樹(東山紀之)は10年前の殺人事件との関連に気付く。その被害者は、堂本の親友で元生物物理学者・金田(清水紘治)の孫だった。

刑事7人 シーズン5 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
環(倉科カナ)が10年前の新人時代に遭遇した事故の加害者でフリー記者の和田(加藤虎ノ介)が殺された。環は、その事故で6歳から意識を失ったままの瞳(若柳琴子)の病室を訪れ、母・茜(とよた真帆)に話を聞く。天樹(東山紀之)の調べで、瞳をよく見舞っていた和田が信号機の誤作動を調べていたと判明。信号工事会社社長は環の元上司・大田黒(菅原大吉)だった。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: