ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  刑事7人(第5シリーズ)

刑事7人 シーズン5 第6話《あらすじ》 8月21日放送

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
環(倉科カナ)が10年前の新人時代に遭遇した事故の加害者でフリー記者の和田(加藤虎ノ介)が殺された。環は、その事故で6歳から意識を失ったままの瞳(若柳琴子)の病室を訪れ、母・茜(とよた真帆)に話を聞く。天樹(東山紀之)の調べで、瞳をよく見舞っていた和田が信号機の誤作動を調べていたと判明。信号工事会社社長は環の元上司・大田黒(菅原大吉)だった。

刑事7人 シーズン5 第5話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
天樹(東山紀之)は思い出の飲食店で、工務店社長・宗片(大地康雄)が起こした立てこもり事件に巻き込まれる。宗片は、娘・あけみ(夢宮加菜枝)が婚約者の圭太(湯川尚樹)に殺され、圭太も自殺したとされる事件の真犯人を捜すよう要求。捜査を始めた環(倉科カナ)らは、担当刑事の真中(天宮良)やあけみが勤めていた養護施設の理事長・佐々岡(上杉祥三)らに話を聞く。

刑事7人 シーズン5 第4話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
高校生の俊也(竹田光稀)が殺され、検視に当たった堂本(北大路欣也)は1年前の一家心中事件で死亡した息子・信一(加藤峻也)と同じ高校と気付く。死ぬ前に「悪魔」という言葉を残した2人は、担任の育子(かとうかず子)の話では親友だった。俊也の両親の弁護士・木下(長谷川朝晴)に会った天樹(東山紀之)が事件の裏をにらむ中、ある死刑囚から「悪魔」の情報が入る。

刑事7人 シーズン5 第3話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第3話 あらすじ>
刺された女性の姿が消える事件が発生。発見者の美穂(瀬戸カトリーヌ)が通報中に、犯人が被害者を運び出したらしい。被害者は、美穂と別居中の夫・裕一(浜田学)の婚約者だった。裕一を疑う天樹(東山紀之)らの捜査で、4年前に資産家の娘・栞(咲坂実杏)が失踪した未解決事件との関連が浮上。スナック経営者の映子(櫻井淳子)は当時、栞といる裕一を目撃していた。

刑事7人 シーズン5 第2話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第2話 あらすじ>
天樹(東山紀之)らが追う‘曜日になぞらえた連続殺人事件’で新たな被害者が。被害者は3年前の殺人事件に関わりがあり、当時逮捕された皐月(田中美晴)は獄中自殺していた。殺人がまだ続くと予想する天樹は、皐月の父・昭一(勝野洋)や皐月の婚約者だったアプリゲームのプログラマー・笠松(三浦誠己)の元へ。ところが、昭一は「家族を見限った」と言い放つ。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: