ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  僕はまだ君を愛さないことができる

僕はまだ君を愛さないことができる 第16話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第16話 あらすじ>
高校の同窓会に参加した陽(足立梨花)は、同級生から、ある人気バンドの音源を渡される。それは、高校生の頃、一時的にそのバンドに所属していた蓮(白洲迅)が、陽を思って作った歌だった。蓮の歌声を聞いた陽は、自分の本当の気持ちに気付いてしまう。

僕はまだ君を愛さないことができる 第15話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第15話 あらすじ>
陽(足立梨花)は、中国出張中の交通事故から一命を取り留めた竜星(浅香航大)からあらためてプロポーズされて結婚を決意。その場に居合わせた蓮(白洲迅)は、失意のどん底で病院を後にする。それから3週間後、陽と竜星は家族からも認められ、急ピッチで結婚式の準備を進める。

僕はまだ君を愛さないことができる 第14話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第14話 あらすじ>
離れ離れになった陽(足立梨花)と蓮(白洲迅)は、仕事に没頭することで寂しさを紛らわせていた。ある日、仕事で遅くなった陽は、ささいな事で竜星(浅香航大)とギクシャクしてしまう。蓮と話したくなり、日本でしかつながらない蓮の携帯電話にメッセージを入れる陽。一方、蓮もまた、出すことのない絵はがきに陽への気持ちをつづっていた。

僕はまだ君を愛さないことができる 第13話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第13話 あらすじ>
蓮(白洲迅)は陽(足立梨花)とずっと親友でいるために、一度は断った上海転勤を受けることにする。一方、竜星(浅香航大)からのプロポーズに応えようとした矢先、上海支店への転勤を打診された陽は、新たな挑戦をするために上海へ行くことを決める。そんな中、蓮の会社の送別会に竜星と参加した陽は、麻希(松本妃代)から信じられない話を聞く。

僕はまだ君を愛さないことができる 第12話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第12話 あらすじ>
竜星(浅香航大)はミーティアの創業2周年パーティーに陽(足立梨花)を誘い、サプライズでプロポーズしようとする。しかし、その計画を知らない陽は、パーティーの居心地の悪さから会場を抜け出し、蓮(白洲迅)と電話で話していた。竜星は花束を抱えて、陽がいるはずの個室の前で公開プロポーズをするが…。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: