ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  科捜研の女 19

科捜研の女 season19 第17話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第17話 あらすじ>
爆発物を所持する銀行強盗犯3人組が逃走中、人質にした小学生・卓海(浅海翼)の自宅マンションに潜伏。偶然にも下の階に住むマリコ(沢口靖子)はその日、非番だった。捜査の責任者となったのは捜査一課・被害者対策班の詩津香(浅野ゆう子)。詩津香は夫の所轄署警察官・雄一(山崎銀之丞)が不倫相手の住む同マンションにいることを承知で現場指揮を志願していた。

科捜研の女 season19 第16話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第16話 あらすじ>
ホテルでの発砲・立てこもり事件に、解剖医の早月(若村麻由美)が巻き込まれた。現場の防犯カメラの映像には、マリコ(沢口靖子)らが見るのを予想して、身振りで「犯人は1人、人質は自分も含めて6人」と伝える早月の姿が。一方、投入された特殊犯捜査係の広橋(合田雅吏)が犯人(忍成修吾)に電話で要求を聞くが、早月は取って付けたような犯人の返答に違和感を抱く。

科捜研の女 season19 第15話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第15話 あらすじ>
‘ぬか漬けの女王’と呼ばれる料理研究家・雪絵(森口瑤子)の夫で、その本やグッズを販売する会社社長・純一(戸井勝海)が社長室で殺された。専務・三島(武野功雄)の通報で駆け付けたマリコ(沢口靖子)らは、純一が最期に食べたのが社員の彩花(仲村瑠璃亜)のぬか漬けだと突き止める。愛人関係を認めた彩花は、純一と雪絵がライセンス契約を巡りもめていたと証言する。

科捜研の女 season19 第14話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第14話 あらすじ>
元開業医の一郎(鶴田忍)が、自宅離れで殺害される。一郎は家族に内緒で、自身の葬儀を生前予約していた。マリコ(沢口靖子)は、その依頼先である神城葬儀社の峰子(中島ひろ子)に、‘墓場まで持っていきたい秘密’を遺族にも知られないようにしてくれるとの噂があると聞く。そんな中、家政婦・佐奈(飯島順子)が、堅物で知られた一郎に愛人がいたと証言して…。

科捜研の女 season19 第13話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第13話 あらすじ>
宇治茶の老舗「久住茶寮」の従業員・橋本(川野直輝)が殺され、店主・久住(藤田宗久)夫婦の証言から、5年前に解雇した角倉(松澤一之)が浮上。マリコ(沢口靖子)らに橋本とは会っていないと言う角倉だが、直後に開催された「宇治茶グランプリ」でも久住の茶筒をすり替えた疑いが…。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: