ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  東京独身男子

東京独身男子 第8話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
口論の末、会わなくなった太郎(高橋一生)と岩倉(滝藤賢一)、三好(斎藤工)の3人。太郎はかずな(仲里依紗)に思いを告げるが、振り回されたくないと拒まれてしまう。さらに太郎は三好から借りている部屋を出ることになり、新居探しを開始。一方、岩倉は和雄(小野武彦)との2人暮らしに戻っていた。そんな中、転職を決めた太郎の元を母・寿美代(萬田久子)が訪れ、一同は集まる。

東京独身男子 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
岩倉(滝藤賢一)は、自宅で同居を始めた透子(桜井ユキ)が、和雄(小野武彦)を甘やかさないと宣言するのを聞き、戸惑う。一方、仕事で理不尽な思いをした太郎(高橋一生)は転職を真剣に考え、三好(斎藤工)に相談。三好は経営の問題を抱えており、簡単に背中を押せない。かずな(仲里依紗)もそんな兄を心配していた。後日、太郎と三好は、岩倉が家事を全て担っていると知り…。

東京独身男子 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
三好(斎藤工)の元妻・薫(野波麻帆)が現れる。三好は薫との離婚協議で多くの財産を渡していたが、薫は夫婦時代に買った東京都内一等地の墓地を要求。SOSを受け、太郎(高橋一生)と岩倉(滝藤賢一)も薫と対峙(たいじ)するが、薫の態度は強硬で、弁護士の岩倉さえ黙らせる。一方、かずな(仲里依紗)には思わぬ再会が。そして岩倉は透子(桜井ユキ)との将来と現実の間で揺れ動く。

東京独身男子 第5話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
太郎(高橋一生)の部屋に舞衣(高橋メアリージュン)とかずな(仲里依紗)が泊まることに。太郎は糸井(早乙女太一)と別れ話をしたという舞衣に頼られ心が揺らぐ。一方、透子(桜井ユキ)を巡る三角関係は三好(斎藤工)が一歩リード。だが和雄(小野武彦)のアクシデントを機に、岩倉(滝藤賢一)は透子と距離を縮める。その頃、舞衣らとの生活に気疲れしていた太郎に転職話が舞い込む。

東京独身男子 第4話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
太郎(高橋一生)はかずな(仲里依紗)から、付き合うなら結婚を前提にと言われて答えられず、三好(斎藤工)と岩倉(滝藤賢一)に相談。3人で新しい出会いを模索することに落ち着くが、透子(桜井ユキ)を巡る三好と岩倉の三角関係は継続中で、太郎は三好から調整役を頼まれる。そんな中、岩倉がマッチングアプリを使った出会いを太郎に提案。渋々受け入れた太郎は相手の女性に会う。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: