ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  グッドワイフ

グッドワイフ 第10話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第10話 あらすじ>
多田(小泉孝太郎)が贈賄容疑で身柄を拘束され、壮一郎(唐沢寿明)や脇坂(吉田鋼太郎)ら検察から追及を受ける。事務所を挙げて多田の弁護に力を注ぐ中、神山(賀来千香子)は杏子(常盤貴子)に、この起訴には壮一郎の多田に対する私情が絡んでいるのではと指摘する。壮一郎の真意を確かめようとする杏子だが、そのかたくなな態度に業を煮やし、必ず多田の疑いを晴らすと宣言する。

グッドワイフ 第9話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
杏子(常盤貴子)と壮一郎(唐沢寿明)は情報を流していた人物を突き止める。その人物は観念し、犯行に及んだ理由を壮一郎に告白。不正の証拠によって南原(三遊亭円楽)は逮捕され、壮一郎の起訴は取り消される。

グッドワイフ 第8話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
杏子(常盤貴子)は壮一郎(唐沢寿明)の浮気相手とされる元新聞記者・亜紀(相武紗季)から、内閣官房副長官・南原(三遊亭円楽)の不正の証拠を入手しようとするが、相手にされない。結果、壮一郎の第1回公判は不利な展開に。そんな中、打ち合わせのため杏子と事務所に行った壮一郎は、元部下・円香(水原希子)を見て驚く。杏子は、2人が複雑な関係にあることを思い出す。

グッドワイフ 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
壮一郎(唐沢寿明)の弁護をすると表明した杏子(常盤貴子)。その会見映像を見ながら、多田(小泉孝太郎)は杏子に電話をかける。会見後、杏子は壮一郎が内閣官房副長官・南原(三遊亭円楽)の汚職疑惑を捜査中、収賄の罪を着せられたと知る。南原の不正を暴くには、情報提供者と接触し証拠文書を入手するしかないという。その一方、杏子は多田の案件のサブに回ることになる。

グッドワイフ 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
壮一郎(唐沢寿明)の保釈が決まった。多田(小泉孝太郎)は杏子(常盤貴子)に言葉を掛けるが、杏子を困惑させてしまう。直後、杏子は多田が進めていた集団訴訟案件を手伝うことに。だが、原告団の代表が突然、別の弁護士の話も聞いて、どちらに頼むかを決めたいと言い出す。相手は車椅子の三栗谷(春風亭昇太)。彼は、巧妙な戦略で原告団の心をつかみ、多田と杏子は劣勢になる。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: