ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  よつば銀行 原島浩美がモノ申す!

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 第8話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
鳩山(古谷一行)のプロジェクトの標的となった桜庭(榎木孝明)の不動産会社で、専務・中島(おかやまはじめ)がクーデターを起こし、新社長に就任。桜庭は解任に追い込まれた。それを仕組んだ加東(丸山隆平)は、同社の清算プロジェクトのリーダーに任命され、浩美(真木よう子)は部下になる。一方、営業課員達は加東が島津(柳葉敏郎)側に寝返ったことに怒りをあらわにする。

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
銀行では島津(柳葉敏郎)を次期頭取に推す声が高まっていた。噂を耳にした鳩山(古谷一行)は最後の仕事として、債務が膨らんだ企業を整理しようとする。その指揮を島津に任せるというが、裏には鳩山の策略があった。同プロジェクトの担当に指名された浩美(真木よう子)は、加東(丸山隆平)とターゲットの不動産会社へ。だが、社長の桜庭(榎木孝明)は納得がいかないと激怒する。

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
浩美(真木よう子)が営業課長に着任して1年。支店の業績は上がり和やかな空気だが、厳しいノルマは達成できずにいた。浩美は、新たに人材紹介会社と取引したいと切り出す。しかも同社社長・恭子(戸田菜穂)にヘッドハントされているという。課内に不安が広がる中、恭子は浩美に、同社オーナーで商船会社社長の松崎(小木茂光)から無償援助を受けていると明かす。

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 第5話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
頭取重任に向け顧問に根回しする鳩山(古谷一行)の動きに、副頭取・島津(柳葉敏郎)は焦りを隠せない。島津の指示で動く草柳(木下ほうか)と永松(林泰文)は、浩美(真木よう子)を陥れる計画を企てる。事情を知らない副支店長・奈良(三宅弘城)は、永松から持ち掛けられたアパート販売会社社長・西城(豊本明長)の融資話を引き受ける。営業担当の矢野(塚本高史)は契約を即決し…。

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! 第4話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
銀行本部の人事部長・永松(林泰文)が人員削減に踏み切ると宣言。業績不振の台東支店営業課を挙げ、浩美(真木よう子)らに圧力をかける。そんな中、成績最下位の吉田(森永悠希)は、担当するディスカウント店の社長・田端(水橋研二)の前でもおどおどと暗い顔で、先方の経理部長・梨本(東根作寿英)から「銀行員に向いていない」と罵倒された翌朝、失踪してしまう。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: