ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  記憶捜査 ~新宿東署事件ファイル~

記憶捜査 第7話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

記憶捜査 ~新宿東署事件ファイル~

<第7話 あらすじ>
盗難品の懐中時計に鬼塚(北大路欣也)の血液指紋が付いていた。また、司法係の鬼塚の前任者で、突然辞職した青木(石井正則)の遺体が東京・新宿駅西口で発見される。鬼塚は、時計の持ち主が通り魔事件の被害者・千夏(森矢カンナ)だと思い出す。鬼塚は千夏の父・勇(大友康平)から、彼女が失踪したと聞く。そして失踪後、青木が千夏を訪ねて来たことが判明し…。

記憶捜査 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

記憶捜査 ~新宿東署事件ファイル~

<第6話 あらすじ>
鬼塚(北大路欣也)は窃盗常習犯・真島が盗んだ白い中折れ帽に目を留める。それは1964年の東京オリンピック開会式の衣装のようで、わずかに血が付いていた。咲(上白石萌音)がごみ屋敷と化した被害者宅を訪れると、ごみの下敷きとなった住人・勝呂の遺体が。その手には赤いブレザーが握られていた。淳子(余貴美子)らの鑑識により勝呂の死亡推定時期は約4カ月前と分かる。

記憶捜査 第5話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

記憶捜査 ~新宿東署事件ファイル~

<第5話 あらすじ>
寄席で銀行員・翔(山田悠介)の遺体が発見され、落語家・橘亭昭平(相島一之)の演者札に翔の血液指紋が。啓太郎(風間俊介)の捜査から、翔は頻繁に昭平の高座を訪れていた。だが、咲(上白石萌音)の聞き込みや翔の母親・聡子(栗田よう子)の証言では彼に落語を見る趣味はないという。鬼塚(北大路欣也)は、翔の所持品であるセールス用の金融商品の資料と、古い時計が気に掛かる。

記憶捜査 第4話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

記憶捜査 ~新宿東署事件ファイル~

<第4話 あらすじ>
東京・新宿東署に血塗られたナイフを持ったベトナム人・ダットが駆け込んでくる。勤め先の工務店社長・牧野(河西健司)を刺殺した容疑で取り調べを受けるが、彼は否認する。牧野の妻・智子(遊井亮子)によると、ダットは前日、牧野から怒られていたという。やがて、牧野が不法滞在と知りながら、ダットを雇った可能性が浮上。鬼塚(北大路欣也)は推理を進めていく。

記憶捜査 第3話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

記憶捜査 ~新宿東署事件ファイル~

<第3話 あらすじ>
鬼塚(北大路欣也)に旧知の主婦・彩(菊池麻衣子)が助けを求めてくる。詐欺グループの被疑者として捕まったという。彩の携帯電話から共犯者に指示が出ていたが、彼女は「携帯電話を契約した覚えがない」と容疑を否認。共犯者は逃走中、二つの店を走り抜けていた。どちらかの店に金を受け取った人物がいるとみて、啓太郎(風間俊介)と咲(上白石萌音)は聞き込みを進める。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: