ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  スキャンダル専門弁護士 QUEEN

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第10話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第10話 あらすじ>
与田(水川あさみ)の要請で、氷見(竹内結子)を対象にした特別調査会が開かれることに。氷見は吾妻(山本耕史)の政策秘書をしていた5年前、選挙違反をした疑いを持たれていた。一方、東堂(泉里香)は与田に、氷見をたたく意図を問うがはぐらかされる。報道陣も集まる中で調査会が始まり、氷見は5年前の選挙での違法行為を否認。だが、氷見の協力者だという証人が現れ…。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第9話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
氷見(竹内結子)がかつて政策秘書を務めた衆院議員・吾妻(山本耕史)に不正献金や氷見との不倫疑惑が持ち上がる中、鈴木(バカリズム)は与田(水川あさみ)らに、氷見が事務所を辞めたことと吾妻からの依頼を受けたことを伝える。与田らは疑惑を消すため、吾妻とその妻・美咲に会見を開かせ、氷見だけに非難の矛先が向くよう画策する。一方で、与田は氷見の過去を探る。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第8話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
氷見(竹内結子)らは、医科大学研究員で医療ベンチャー代表の純菜(森矢カンナ)から依頼を受ける。純菜と共同研究者のさつき(伊藤麻実子)は、新しい疾病検査キットを開発していたが、純菜の論文不正疑惑で実用化が不透明に。純菜は女性研究員を目障りに思う大学側の陰謀だという。さつきと話した氷見と与田(水川あさみ)は、あるプランを思い付く。一方で、与田は氷見の行動に疑念を抱く。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
電子決済サービスでクレジットカードが不正利用される騒動が起きる。与田(水川あさみ)は、ネット上でやり玉に挙げられるシステムエンジニアの江梨子(西山繭子)が大学の先輩と気付き、協力を申し出る。会社側が育休中だった江梨子の責任にしようとする中、真野(斉藤由貴)の調べで、会社側に原因があると判明。すると、江梨子が脅迫を受ける。一方、氷見(竹内結子)はある人物と接触する。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
氷見(竹内結子)らは、依頼人のベストセラー作家・千代子(真野響子)を訪問。千代子は元秘書・奈々子(宮地雅子)らへのパワーハラスメント疑惑で騒がれていた。残った若手秘書の礼二(杉野遥亮)は千代子のお気に入りで、作家の才能もあるという。氷見らは、礼二にテレビ取材を受けさせ、千代子と礼二のイメージアップに成功。だが、礼二が出版社と組み、千代子をだましていたと分かる。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: