ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  家売るオンナの逆襲

家売るオンナの逆襲 第10話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第10話 あらすじ>
留守堂(松田翔太)が姿を消して1年。外資系不動産会社が、新宿営業所の担当エリアを浸食してくる。万智(北川景子)が訪ねた新宿ガーデンハイツは、先方の買い占めにより130戸中、残った居住者が老人2人だけになっていた。一方、足立(千葉雄大)らが扱う物件も次々と横取りされ、その全てが万智の売り方と同じ。そこで足立と庭野(工藤阿須加)は客になりすまし、偵察に向かう。

家売るオンナの逆襲 第9話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
定休日に仲良く買い物をする万智(北川景子)と屋代(仲村トオル)の姿を見て、留守堂(松田翔太)はやるせない。そんな中、庭野(工藤阿須加)は同世代のデザイナーがリノベーションを担当した築45年の物件を売ることに。万智は女性客から、母親と一緒に住む家探しを頼まれる。一方、足立(千葉雄大)は、子どもの誕生を控える夫婦を購入希望の家に案内。売却を急ぐ女性は留守堂の顧客で…。

家売るオンナの逆襲 第8話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
客の幸子(南野陽子)が、娘のすみれ(大後寿々花)と共同名義の自宅を売り、ケーキ店を開きたいという。すみれは、幸子が夢のために貯金を使い果たし、別荘も手放した経緯から反対だ。庭野(工藤阿須加)は娘の同意なしには難しいと返答するが、万智(北川景子)が売ると宣言。一方、庭野の父・茂雄(泉谷しげる)が上京し、自宅を売却して、たこ焼き屋を始めたいと言い出す。

家売るオンナの逆襲 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
万智(北川景子)は本社が始めた「ウーマンプロジェクト」の一員に。企画開発課の雅美(佐藤江梨子)、インターネット推進部のサキ(佐津川愛美)と話し合うが、仕事に軸足を置く雅美と2児の母のサキは水と油。雅美が万智に家探しを頼む一方、サキも同期の足立(千葉雄大)を介し留守堂(松田翔太)に新居を探してもらっていた。一方、屋代(仲村トオル)はコンビニ店長の三郷(真飛聖)と再会する。

家売るオンナの逆襲 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
万智(北川景子)と共に、カリスマ美容師の湊人(武田航平)・つぐみ(内山理名)夫婦を担当する庭野(工藤阿須加)は、湊人に妻公認の恋人・まり(筧美和子)がいて、しかも彼女も既婚と知りあぜん。万智はつぐみから、夫とは人間愛で結ばれ、恋愛は自由だという‘夫婦の形’を聞く。一方、留守堂(松田翔太)は、教え子を妻にした大学教授・順平(橋爪淳)に、家探しを頼まれる。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: