ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  さくらの親子丼2

さくらの親子丼 2 第8話(最終回)《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
香(塩野瑛久)が窃盗団の一味として警察に捕まった。香が無断外出を繰り返していたことを知っていたさくら(真矢ミキ)が自分を責める中、桃子(名取裕子)や川端(柄本時生)は香を救うために奔走する。そんな時、「ハチドリの家」に新たな少女が保護され、彼女の顔を見たさくらは驚く。一方、ハチドリの家で1年半以上暮らす由夏(岡本夏美)がついに美容院で働くことになる。

さくらの親子丼 2 第7話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
桃子(名取裕子)は入居者の進路を決めるために一人ずつ面談し、さくら(真矢ミキ)も同席。川端(柄本時生)の優しさを勘違いしている茜(柴田杏花)は、その席で彼と結婚すると言い出す。一方、男性的に生きることに違和感を覚える拓士(浦上晟周)は、東京・新宿2丁目でダンサーを目指したいと語る。桃子は友人・ゆっきーママ(中村育二)のショーパブを拓士に見学させる。

さくらの親子丼 2 第6話《あらすじ、感想、視聴率》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
貞子(井頭愛海)が出産の時を迎える。ところが依頼していた助産師が急病で来られないことが判明。さくら(真矢ミキ)は自分が赤ん坊を取り上げることにする。その決断にマリア(日比美思)や玲奈(尾碕真花)ら子ども達は不安を抱くが、さくらの必死な姿と苦しむ貞子を前に、出産の手伝いを始める。一方、貞子は痛みにうめく中で失った記憶を少しずつ取り戻していた。

さくらの親子丼 2 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
年明け間もなく、さくら(真矢ミキ)は島根県出雲市に出向く。子どもシェルターで暮らす身重の貞子(井頭愛海)は記憶喪失で身元が分からないのだが、年末年始の貞子の行動から、出雲市に接点がある可能性が浮上したからだ。さくらは出雲大社や観光案内所を訪ね歩くが手掛かりがつかめず諦めかける。しかし、宿泊先のホテルでさくらはあることに気付く。

さくらの親子丼 2 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
クリスマス間近、さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)の今後について桃子(名取裕子)から悲しい事実を知らされる。暴力団の幹部だった父親が8歳の時に死亡し母子家庭で育った香だが、近々母親が再婚することになり、その再婚相手が香を引き取るのを嫌がっているという。さらに、香に散々苦労した母親も、もう一緒に暮らすことはできないというのだ。そんな中、シェルターでクリスマスパーティーを開くことになり、皆が飾り付けで盛り上がっていると、香がクリスマスに対して異常な憎しみを見せる。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: