ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  西郷どん

西郷どん 第35話《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第35話 あらすじ>
大政奉還を断行した慶喜(松田翔太)の裏側に、龍馬(小栗旬)の手引きがあった。吉之助(鈴木亮平)は、龍馬と討幕を巡り、決裂する。そんな時、龍馬が惨殺される。薩摩藩邸に現れたお龍(水川あさみ)は、吉之助に「あんたが殺した」と怒りをぶつける。信吾(錦戸亮)も「戦の鬼」と化していく兄に戸惑い、反発する。それでも吉之助は、一蔵(瑛太)と共に、慶喜を排除するために王政復古のクーデターを決行する。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第34話《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第34話 あらすじ>
将軍・徳川家茂(勧修寺保都)が若くして亡くなる。そして、周囲の予想を覆し、慶喜(松田翔太)が将軍の座に就く。その後、孝明天皇(中村児太郎)が崩御し、吉之助(鈴木亮平)と一蔵(瑛太)は、岩倉(笑福亭鶴瓶)と共に、有力藩主たちで「四侯会議」を開き、幕府をけん制しようとする。だが、慶喜にうまくあしらわれてしまう。さらに、慶喜はフランス公使ロッシュ(ジル・ボーフィス)と軍事支援を取り付ける。その裏側に慶喜の危険な取引があることを知った吉之助は、ついに武力討幕を決意する。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第33話《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第33話 あらすじ>
薩長同盟が結ばれた直後、「寺田屋」で襲われて負傷した龍馬(小栗旬)は、薩摩藩に保護され、お龍(水川あさみ)と共に、療養のために薩摩へ向かい、西郷家を訪ねる。糸(黒木華)は、龍馬とお龍の奔放で大胆な行動に驚かされる。吉之助(鈴木亮平)といまだに夫婦らしい時間を過ごせていない糸は、真っすぐな愛で龍馬に接するお龍の姿に心を動かされる。一方、幕府が2度目の長州征伐に動きだす中、薩摩藩は英国公使のパークス(セイン・カミュ)を迎える。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第32話《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第32話 あらすじ>
孝明天皇(中村児太郎)より、2度目の長州征伐の勅命が下された。それに対して一蔵(瑛太)は、「義のない勅命は勅命にあらず」と、幕府に従わない姿勢を明確に打ち出す。吉之助(鈴木亮平)は龍馬(小栗旬)に、再び長州との仲を取り持ってほしいと頼み込む。龍馬は、長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買いそろえると、桂(玉山鉄二)に告げる。だが、薩摩への不信感が強い桂は、腰を上げようとしない。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第31話《あらすじ、実況、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第31話 あらすじ>
慶喜(松田翔太)が再び長州征伐を断行しようとする中、吉之助(鈴木亮平)は、藩の海軍を立て直すため、龍馬(小栗旬)を薩摩に連れて帰る。龍馬は、雨漏りする西郷家に驚き、清貧を貫く吉之助にほれ直す。既に幕府を見限った吉之助は、長州は朝敵ではなく、倒幕のために共闘すべき相手かもしれないと考え始める。そんな吉之助に龍馬は、「自分なら両藩の手を結ばせることができる」と言い、早速、桂(玉山鉄二)に接触する。

西郷どん | TB(-) | CM(0)
検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

2018年 秋ドラマ(10-12月)