ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  西郷どん

西郷どん 第43話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第43話 あらすじ>
隆盛(鈴木亮平)の朝鮮使節派遣は既に決定したはずだった。だが、政府に復帰した利通(瑛太)は猛然と使節派遣に反対し、留守政府を担ってきた隆盛たちと対立を深めていく。そして、利通と岩倉(笑福亭鶴瓶)の策謀により、朝鮮使節派遣は延期させられてしまう。その強引なやり方に抗議し、隆盛や江藤(迫田孝也)らは政府を辞職する。鹿児島に帰ることを決めた隆盛は、盟友の真意を知るため、利通の家を訪ねる。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第42話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第42話 あらすじ>
留守政府を担う隆盛(鈴木亮平)は、元佐賀藩士の江藤新平(迫田孝也)らと共に近代化政策を推し進めていた。そんな中、利通(瑛太)らが帰国する。欧米使節団は条約改正にことごとく失敗し、利通は政府内で孤立する。隆盛は朝鮮国との外交問題解決のため、単独で朝鮮に渡ろうとする。一方、利通は欧米列強の文明のすごさに圧倒され、内政改革が急務と考えていた。そのため、戦争を誘発しかねない使節派遣に利通は断固反発し、隆盛との対立を深めていく。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第41話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第41話 あらすじ>
廃藩置県が突如、断行された。薩摩では、久光(青木崇高)が怒りに任せて花火を打ち上げ続けた。その後、岩倉(笑福亭鶴瓶)や利通(瑛太)は、不平等条約改正を目指して欧米視察に出る。隆盛(鈴木亮平)は、菊次郎(城桧吏)に留学を勧め、西郷家に波紋が広がる。留守政府を任された隆盛は、宮中改革などを推し進めるが、政府内の汚職騒動など難題が続出する。そして、隆盛は天皇の鹿児島行幸に同行する。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第40話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第40話 あらすじ>
新政府への不満が高まる中、利通(瑛太)と岩倉(笑福亭鶴瓶)は、薩摩の久光(青木崇高)に上京を促す。しかし、利通の態度に激怒した久光は固辞する。利通は藩を完全になくす「廃藩置県」を断行しようとしていた。隆盛(鈴木亮平)は新政府に協力することを決め、東京へ向かう。だが、各地の反乱を恐れた政府内はまとまらず、権力闘争が繰り広げられていた。隆盛は、ぜいたくな日々を過ごす役人たちの姿に嫌悪する一方、利通の強引な進め方にも反発する。

西郷どん | TB(-) | CM(0)

西郷どん 第39話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング

大河ドラマ 西郷(せご)どん

<第39話 あらすじ>
1869(明治2)年、吉之助は隆盛(鈴木亮平)と名前を改め、隠居して薩摩で穏やかな日々を過ごしていた。隆盛は、奄美大島から息子・菊次郎(城桧吏)を引き取るが、菊次郎は継母となった糸(黒木華)とその息子・寅太郎(林田悠作)にも遠慮し、心を開かない。一方、明治新政府は、版籍奉還など急激な改革を進め、不平士族や農民たちの反乱が各地で起きていた。そんな時、一蔵から名前を変えた利通(瑛太)は、同じく信吾から改名した従道(錦戸亮)に、隆盛を上京させるよう説得する。

西郷どん | TB(-) | CM(0)
検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: