ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  科捜研の女 18

科捜研の女 season18 第8話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
大学生の息子・大樹(和田慶史朗)の結婚を考える相手が19歳上の菫(田中律子)と知り、驚く早月(若村麻由美)。一方、マリコ(沢口靖子)はプロゴルファー・矢吹(柴木丈瑠)の変死体を検視する。所轄署の岩尾(山本圭祐)は、妻でタレントの真由(沢井美優)の犯行を疑っていた。画像診断の結果、死因は脳梗塞と判明。マリコは、脳梗塞を意図的に起こすことが可能か調べ始める。

科捜研の女 season18 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
人気ブロガー・絵美里(小沢真珠)の射殺体が見つかる。現場は、やはりブロガーの紹子(高橋かおり)が暮らす村。セレブの日常をつづる絵美里と自給自足の暮らしをつづる紹子はどちらの生き方が幸せかブログで人気を争っていた。現場でライフル銃の弾が見つかり、マリコ(沢口靖子)らは猟友会に所属する紹子にライフル銃の提出を求めるが、銃は保管庫から消えていた。

科捜研の女 season18 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
昆虫学者の花森(岩松了)が研究室で襲われ、意識不明に。指の付着物から、土門(内藤剛志)らは花森が立ち寄ったバーを特定。聞き込みで、花森が連れの女性に6年前の罪を自白するつもりだと話していたと分かる。一方、マリコ(沢口靖子)は現場に落ちていたチョウの標本を調べる。その羽には日付と名前が書かれていた。そんな中、逃走経路の指紋が6年前の現金輸送車襲撃事件の容疑者・平良(三浦孝太)のものと一致する。

科捜研の女 season18 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
マリコ(沢口靖子)らは、小学校教諭・彩子(滝沢沙織)の他殺体が見つかった自宅で、爪や足跡から繊維や粉じんを採取。副担任の佐野(中山卓也)によると、彩子は児童の悠斗(大川星哉)の母親・希(井上和香)ともめていたという。訪ねた自宅では、希が悠斗ら3人の子どもにバッグなどを作らせており、それをフリマアプリ経由で売っていることが判明。さらに、採取した粉じんが希のパート先の床の防水塗料と分かるが…。

科捜研の女 season18 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
子供服会社社員・和登(斉藤祥太)が着ぐるみ姿のまま殺され、脱がせるとボイスレコーダーが出てきた。そこには男性を罵倒する女性の声が録音され、背後には周囲に会話の内容を聞こえにくくする「会話マスキング音」が流れていると分かる。和登の会社にもマスキング音の装置があり、マリコ(沢口靖子)らは部長の日美子(国生さゆり)はじめ女性社員達の声紋鑑定を行う。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: