ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  ドロ刑 ~警視庁捜査三課~

ドロ刑 ~警視庁捜査三課~ 第10話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第10話 あらすじ>
煙鴉(遠藤憲一)は、斑目(中島健人)ら13係の面々の厳重な警備体制をくぐり抜けて、柏田不動産会長・龍崎のポケットに入っているある物を盗み出す。斑目は、今まで煙鴉が盗んだ物が全て個人情報に関する物だと気付く。そんな中、自殺した妹・真里(真魚)の死の真相を追う皇子山(中村倫也)は、警察として一線を超えた行動に出てしまう。そしてとうとう、煙鴉の正体が明らかになる。

ドロ刑 ~警視庁捜査三課~ 第9話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
煙鴉(遠藤憲一)を捕まえると宣言する鯨岡(稲森いずみ)。以前から煙鴉を妹・真里の敵と狙う皇子山(中村倫也)はじめ13係が一丸となって逮捕に動く一方、斑目(中島健人)には煙鴉が悪人とは思えない。そんな中、眼前に現れた煙鴉は斑目を利用したと言い放ち、なおもすがる斑目に発砲して腕を負傷させ、逃走。現場にはある会社顧問の名前が書かれたコースターが残されていて…。

ドロ刑 ~警視庁捜査三課~ 第8話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
手口捜査官の仕事をコンピューターに取られた細面(野間口徹)は、リストラにおびえる日々。一方、斑目(中島健人)は煙鴉(遠藤憲一)との再会を喜ぶが、煙鴉は「大人の言うことは信用するな」と告げる。そんな折、警視庁の窓を割って逮捕された男(大友康平)が、自分は‘煙鴉’だと自白。それ以上は身元を語らず、取り調べに当たる13係の面々の秘密を次々と暴露する。

ドロ刑 ~警視庁捜査三課~ 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
煙鴉(遠藤憲一)が姿を消したと斑目(中島健人)から聞き、疑惑を深める皇子山(中村倫也)。そんな中、13係は‘変装の達人’瑤子(江口のりこ)をリーダーに、病院専門の窃盗犯が出没する大学病院へ。看護部長・鬼塚(猫背椿)に案内された一同は、医師などを装い潜入捜査を始める。その頃、皇子山は自称・西野こと煙鴉の部屋を無断で探っていた。一方、斑目は有名医師・安斎(神保悟志)の手術ミス隠蔽(いんぺい)疑惑を知る。

ドロ刑 ~警視庁捜査三課~ 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
泥棒を盗んだ家に連れて行って1件1件確認する「引き当たり捜査」を任された美希(石橋杏奈)は初めての大仕事に緊張する。その補助役として瑤子(江口のりこ)と皇子山(中村倫也)、そして運転手兼写真係で斑目(中島健人)も同行することに。被疑者は初犯だが65件もの窃盗を自白している専業主婦・和子(余貴美子)。一同は留置場から和子を引き取って車で出発するが、斑目も美希も和子の軽口に乗せられ、心を許してしまう。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: