ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  天 ~天和通りの快男児~

天 ~天和通りの快男児~ 第11話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第11話 あらすじ>
東西戦決勝最終局面。天(岸谷五朗)ら東軍は‘クリア麻雀’の勝利と敗北の条件を同時に満たしてしまう。そんな中、西軍の原田(的場浩司)は、天との直接対決を提案する。

天 ~天和通りの快男児~ 第10話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第10話 あらすじ>
東西線決勝序盤。天(岸谷五朗)はひろゆき(古川雄輝)の決意を受け止め、‘クリア麻雀’の五つの役の中で最高難度の三暗刻をひろゆきから和了(あが)る。苦境のひろゆきは…。

天 ~天和通りの快男児~ 第9話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第9話 あらすじ>
西軍の原田(的場浩司)が仕掛けたイカサマに赤木(吉田栄作)が待ったをかける。赤木は原田が増やした“白”をその分2枚少なくなった牌に見立ててロンを宣言。自身の読みを信じて、全136牌の中からわずか1牌を当てるという至難の業に挑む赤木だが、外せば即脱落の中、両軍が予想すらしていなかった事態が起きる。

天 ~天和通りの快男児~ 第8話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
赤木(吉田栄作)の闘牌で覚醒したひろゆき(古川雄輝)も、西軍の怪物・僧我(でんでん)の執念の満貫で追いつめられてしまう。大ピンチとなる東軍だが、赤木が桁外れの才気を発揮し凡手を一気に引き上げる。そして、天(岸谷五朗)は逆転の予感に突き動かされ、さらなる大物手をねらう。

天 ~天和通りの快男児~ 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
東軍の劣勢は続き、銀次(田中要次)が原田(的場浩司)に討ち取られる。さらに、ひろゆき(古川雄輝)も苦戦する中、勢いに乗る西軍の怪物・僧我(でんでん)が力で押し切ろうとするが、赤木(吉田栄作)がそれを阻む。赤木の闘牌を目の当たりにしたひろゆきは、今までの打ち方を捨てて決死の勝負に出る。

検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: