ドラマ部屋

ドラマのキャスト、あらすじ、視聴率、ネタバレ、感想など
ドラマ部屋 TOP  >  文学処女

文学処女 第8話(最終回)《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第8話 あらすじ>
加賀屋(城田優)は婚約者と死別していた過去を明かし、鹿子(森川葵)を拒絶。傷心した鹿子は望月(中尾暢樹)に本音を漏らした後、家まで送られ二人きりに。

文学処女 | TB(-) | CM(0)

文学処女 第7話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第7話 あらすじ>
鹿子(森川葵)との恋愛に踏み切れない加賀屋(城田優)。かつて愛した女性・千夜香(田辺桃子)を失って以降、人を愛する事に臆病になってしまったという。

文学処女 | TB(-) | CM(0)

文学処女 第6話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第6話 あらすじ>
望月(中尾暢樹)は鹿子(森川葵)に告白するも、加賀屋(城田優)に鹿子を連れ去られてしまう。思いを確かめ合った2人は、共に夜を過ごすために加賀屋邸へ…。

文学処女 | TB(-) | CM(0)

文学処女 第5話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第5話 あらすじ>
ついに鹿子(森川葵)は加賀屋(城田優)とデートへ。そこで2人は望月(中尾暢樹)と編集長の娘・暁里(古賀哉子)に遭遇し、そのまま4人で行動する事に。

文学処女 | TB(-) | CM(0)

文学処女 第4話《あらすじ、感想》

テレビドラマランキング  人気ブログランキング


<第4話 あらすじ>
執筆の手伝いで鹿子(森川葵)は加賀屋(城田優)の自宅へ。その夜は泊まり込みで作業をする事に。一方、七星(上遠野太洸)は望月(中尾暢樹)の恋心に触れ…。

文学処女 | TB(-) | CM(0)
検索フォーム

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ      
カテゴリ(五十音順)
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: